小さなお店や企業のホームページの改善方法

公開日:2017.03.17

お店や会社のホームページ、上手く活用できていますか?

名刺代わりに住所や電話番号が載っているだけだから活用なんて考えていないという方は問題ありません。

ですが、認知度を高めたい、商品を販売したい、問い合わせを増やしたいといったことを期待してホームページを持たれているのであれば、改善していかなければいけません。

ホームページは最初作っておしまいではなく、お店や会社の状況、世間の動き、お客さんのニーズなどを見ながら改善していかないと、どんどん劣化していってしまいます。

ではどうやって改善していけばいいか?

これでは難しいかも

ホームページの改善する際、現状の分析が必要になってきます。

そこで役立つのがGoogleが提供しているGoogle アナリティクスです。

どのページが見られているか、どのサイトから見に来たか、スマートフォンで見ているのかパソコンで見ているのかなど、色々と知ることができます。

多くの人が見に来てくれるホームページならデータ量が多く、様々なことが分析できます。

ですが、小さなお店や会社のホームページの場合、そこまで多くのデータ量がないので、少ないデータ量で分析することも出来なくはないのですが、偏った情報だったり、見えてこないことも多くあります。

こうすればいい

ではどうするかというと、自分がお客さんの立場になってみてホームページを見てみることです。

データの分析をするのではなく、自分が見る側・使う側の立場になってみてどう感じるか。

どこをクリックすればどこのページにたどり着くか知っているので、そのあたりは難しいところですが、できるだけ知らない人の立場で色々と見てみる。

そうすると、「ここに電話番号があったほうが問い合わせしやすいな」「トップページから幾つもクリックしないとこのページにたどり着かないな」など、気がつくことがあると思います。

そういったところを直していくだけでも小さなお店や会社のホームページは随分よくなります。

もう一歩進んで、あなたのお店や会社のことを知らない僕が見ることで改善点が幾つも発見できると思います。

改善点の発見のお手伝い、そして改善点の対応をしますので、いつでもご連絡ください。

プロフィール

柴田篤志

株式会社アントロワの代表の柴田篤志(あつ)。
一宮市を中心に東海地方の中小零細企業のみなさんと連携して、ITの分野で地域を盛り上げます!ホームページ制作、Webシステム開発、Web集客などの悩みを解決。愛知中小企業家同友会一宮地区会員。
好きなこと:コーヒー、カレー、卵料理、お酒、サービス・プログラム開発、バレエ鑑賞、サーフィン・SUP、サッカー観戦、温泉、一宮市。
主にPHP・CakePHP・Laravel・jQueryを使ってWeb制作をしています。

フォロー&友達申請お待ちしてます

Facebook  Twitter  Instagram 
RSS  お問い合わせ

こちらもオススメ