お店の看板を有効活用していますか?

公開日:2017.01.05

あなたのお店や会社に看板はありますか?

アントロワは、事務所はありますが間借りしているだけで、リモートワークを基本としているので普段は自宅で作業をしています。
なので会社のポストに「アントロワ」と書いてあるくらいで、看板はありません。

その代わりといっては何ですが、毎日黒板を書いてSNSに投稿しています。

ちなみに今日の投稿はこれです。

今朝の黒板のようにお酒が弱いという投稿では、ビジネスにはつながらないかもしれません。
それでも、「ウェブシステム開発ならアントロワ」という投稿を毎日したとしても、それこそ見る側は楽しくないので、見てもらえなくなります。

それよりも、一見ビジネスに関係なさそうなお酒が弱いという投稿でも、その話題をきっかけに話ができる機会があるかもしれませんし、お酒が弱くても好きなんだろうなという点から酒屋さんが在庫管理のシステムの依頼をしてくれるかもしれません(飛躍しすぎですかね^^)。

看板が有効活用できていないお店や会社は、、、

看板は見てもらえないと意味がありません。
見てもらえたとしても気になる内容でないとその人の記憶に残りません。

店舗の看板を新たに作ったり、作り変えたりするのは、お金も時間もかかります。

お店の看板が有効活用されていないのであれば、黒板を書いて置いてみるなど、お店の前を通る人たちの興味をひくことをやってみませんか?

お店のメニューや商品のことを書くのではなく、スタッフさんの好きなことを書く。
SNSで好きなことを発信しましょう」でも書きましたが、

SNSで自分の好きなことを発信していけば、自分のやっていることを知ってもらえたり、共感してもらえたり。
その結果、そこから新たな関係性が生まれたりもします。

スタッフさんのことに共感してもらうことができれば関係性が生まれ、あなたのお店に来てもらえるようになったり、その黒板を面白がって、SNSに投稿してくれるかもしれません。

そうやって新たな広がりがどんどん出来ていきます。

ビルに入っているお店で黒板を置ける場所がないお店や会社は、うちと同じようにSNSを活用して黒板を活用してみると良いかもしれませんね。

プロフィール

柴田篤志

株式会社アントロワの代表の柴田篤志(あつ)。
一宮市を中心に東海地方の中小零細企業のみなさんと連携して、ITの分野で地域を盛り上げます!ホームページ制作、Webシステム開発、Web集客などの悩みを解決。愛知中小企業家同友会一宮地区会員。
好きなこと:コーヒー、カレー、卵料理、お酒、サービス・プログラム開発、バレエ鑑賞、サーフィン・SUP、サッカー観戦、温泉、一宮市。
主にPHP・CakePHP・Laravel・jQueryを使ってWeb制作をしています。

フォロー&友達申請お待ちしてます

Facebook  Twitter  Instagram 
RSS  お問い合わせ

こちらもオススメ