ホームページを制作するのにどういった費用があるのか知っておこう

公開日:2016.04.28

以前、一宮市のおすすめホームページ制作会社を紹介しましたが、そこで紹介したような制作会社にホームページ制作を依頼する際、どのような費用がかかるのか知っておくことで、この項目はうちには要らないんじゃない?とか、後から追加されて予算オーバーしてしまったということが減らせられるかと思います。

ホームページ制作会社に依頼する際に、大まかにでも項目を知っておくことで、制作が円滑に進むと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

制作前に必要な費用

ディレクション費用

打ち合わせの費用やどういったホームページを作っていくかの構成を考えるための費用になります。
ホームページの規模が大きくなればなるほど、この費用は多くなっていきます。

コンサルティング費用

ディレクション費用に含む場合もありますが、様々な分析を行い、集客などの方法を提案するための費用になります。
分析に多くの時間や専門的な知識が必要になってきますので、費用的に高くなる傾向があります。

デザイン案費用

デザインやロゴが決定するまでに幾つも提案しなければいけないときにかかる費用です。

デザイン素材費用

デザインに使用する素材を購入する場合にかかる費用です。
カメラマンを用意して、撮影が必要な場合は、それらの費用もかかってきます。

サーバ・ドメイン費用

新たにホームページを準備する場合、サーバとドメインの費用がかかります。
また、最近のサイトではSSLにすることが多くなっていますが、SSLを取得するのにも別途費用がかかります。

サーバ・ドメインの移行費用

サーバを新しくする場合で、データやシステムを引き継ぐ場合に発生する費用です。
また、ドメインの管理会社を変える場合は、ドメイン移管費用が発生します。

システムのライセンス費用

有料システムを利用する場合に発生する費用です。

制作費用

ページ制作費用

大きく分けてトップページとそれ以外のページで費用が分かれます。
複雑な構成にすればするほど、費用がかかってきます。

システム構築費用

お問い合わせフォームやシステムをオーダーメイドで開発する場合にかかる費用です。

システム設置・設定費用

WordPressなどの既存のシステムを利用する場合、そのシステムを設置し、設定する費用がかかります。
ただし、WordPressなどのCMSをカスタマイズする場合は別途費用がかかってきます。

携帯・スマートフォン・タブレット対応

スマートフォンやタブレットに最適化されたサイトを作る場合にかかる費用です。
また最近は少なくなってきましたが、ガラケーに対応する場合にも別途費用がかかります。

ブラウザ対応費用

古いブラウザに対応するには特別な対応をしなければいけませんので、その場合にかかる費用になります。

制作後に必要な費用

ドキュメント作成費用

マニュアルや仕様書などのドキュメントを作成する費用です。

動作確認費用

制作されたホームページの動作を確認する費用です。

操作説明費用

システムを導入した場合に、実際に会社に訪問して使い方の説明をする際にかかる費用です。

サポート費用

上記の操作説明費用を含む場合もありますが、何かトラブルが発生した際などにサポートする費用です。

サーバ保守費用

サーバのトラブルが発生していないかの監視、データのバックアップの費用です。

メールアドレスの取得・設定費用

メールアドレスを1台1台のパソコンに設定していくための費用です。

更新費用

サーバ、ドメイン、ライセンス等、定期的に更新が必要なものに対する費用です。

まとめ

ホームページ制作にかかる様々な費用を取り上げましたが、制作会社によって名称や内容も様々です。

少しでも気になる部分があれば、しっかりと制作会社の方に確認してから進めるようにしてください。

プロフィール

柴田篤志

株式会社アントロワの代表の柴田篤志(あつ)。
一宮市を中心に東海地方の中小零細企業のみなさんと連携して、ITの分野で地域を盛り上げます!ホームページ制作、Webシステム開発、Web集客などの悩みを解決。愛知中小企業家同友会一宮地区会員。
好きなこと:コーヒー、カレー、卵料理、お酒、サービス・プログラム開発、バレエ鑑賞、サーフィン・SUP、サッカー観戦、温泉、一宮市。
主にPHP・CakePHP・Laravel・jQueryを使ってWeb制作をしています。

フォロー&友達申請お待ちしてます

Facebook  Twitter  Instagram 
RSS  お問い合わせ

こちらもオススメ