ITの力でつながろう! あいちを支える企業とママたちのネットワークプロジェクト

公開日:2017.03.31

アントロワは地域をより良くしたい!という想いで活動しています。

地域を良くするために欠かせないのは、中小零細企業であったり、将来の地域を担う子供たちとそれを支えるママたちの力は大きいと思っています。

中小零細企業がもっと本業に専念できるようにするためだったり、売上をアップさせるためだったりに、ITをもっと活用できると思っています。

子供たちがITを安全かつ上手に活用することができれば、子供たちの可能性をより広げられますし、ママさんたちにITの知識を深めてもらうことで、お子さんに安心してITを触れさせてあげることができたり、ママさん自身の新たな可能性を広げられたりすると思っています。

「つながる」がテーマ

そういった想いでやっていても、そう簡単には広がってはいきませんよね。

そんな時、ボランティアで参加させてもらっている公益財団法人あいちコミュニティ財団さんの「あいち“志金”マルシェ化計画」の話を聞いて、これはいい!!と思い、申し込ませてもらいました。

そして、参加できることになり、紹介された記事がこちら → 「あいち“志金”マルシェ化計画」参加法人第10号:株式会社アントロワ

あいち“志金”マルシェ化計画というのは、寄付つき商品をつくり、その商品が購入されたら売上の一部を寄付するという企画です。

アントロワがどういう寄付つき商品を作ったかというと、

  • 紹介制度で受注した売上の5%
  • 中小零細企業向け ITスタート講座:3,000円のうち500円寄付
  • ママ向け IT講座:1,000円のうち500円寄付

まず、今回の企画を通じて紹介していただいた案件があれば、その売上の5%を寄付します。

それから、中小零細企業向けとして、SNSの活用の仕方、ホームページの始め方、ECサイトの始め方、Excelの使い方など、様々なIT講座を1人3,000円で行い、その内の500円を寄付します。

ママ向けとして、子どもにスマホを持たせることでどういった危険性や可能性があるのかを知ってもらったり、プログラムが話題になっているので子どもたちへのプログラミング講座だったり、ママ自身がITのスキルを向上させる講座などを1人1,000円で行い、その内の500円を寄付します。

これらの寄付は「あいち・なごや子どもとつくる基金」によって、愛知の子どもたちが抱える様々な問題に対して取り組んでいるNPOさんに寄付されます。

あいち“志金”マルシェ化計画は、アントロワとしては地域をより良くする活動をより多くの方に使ってもらえる、アントロワのサービスを利用する方はサービスを受けることだけではなく、間接的に愛知県の社会課題の一助になるということです。

また、こういった企画をやっているということをSNSでシェアしてくれる方もきっといると思います。
そういう方々がいてくれれば、より多くの方にこの企画を知ってもらえ、あいちの社会課題を知ってもらえる機会になると考えています。

いろいろな形で『ITの力でつながろう!』です。『つながる』っていいテーマですね^^

プロフィール

柴田篤志

株式会社アントロワの代表の柴田篤志(あつ)。
一宮市を中心に東海地方の中小零細企業のみなさんと連携して、ITの分野で地域を盛り上げます!ホームページ制作、Webシステム開発、Web集客などの悩みを解決。愛知中小企業家同友会一宮地区会員。
好きなこと:コーヒー、カレー、卵料理、お酒、サービス・プログラム開発、バレエ鑑賞、サーフィン・SUP、サッカー観戦、温泉、一宮市。
主にPHP・CakePHP・Laravel・jQueryを使ってWeb制作をしています。

フォロー&友達申請お待ちしてます

Facebook  Twitter  Instagram 
RSS  お問い合わせ

こちらもオススメ