Amazonで買い物している人は2段階認証しておきましょう。ついでに他のサイトもね。

公開日:2017.02.23

先日、日本のAmazonでも2段階認証が始まりました。

早速設定しましたが、みなさんはもう対応しましたか?

どういう人が2段階認証の対象かというと、Amazonで買い物をしている人全員になります。

Amazon

2段階認証とは?

そもそも2段階認証というのがわからないという方もいると思います。

今回はAmazonが対応したのですが、Amazonだけの話ではなく、Googleや他のサイトでも同じ仕組みが導入されています。

仕組みを簡単に説明すると、その名の通り2段階の認証になるということです。

通常だと、1回パスワードを入力したらログインできるのですが、2段階認証ではパスワードでログインした後に数文字のコードの入力を求められます。
そのコードはスマートフォンなどに送られるので、それを入力すると正式にログインすることができます。

他人がパソコンやスマートフォンであなたのアカウントでログインしようとしても、2段階目のコードがあなたのスマートフォンに飛んでくるので、相手にログインされることはありません。

極端なことを言うと、僕が『AmazonのログインIDはXXXXXXXで、パスワードはXXXXXXです』と書いても、問題ないということですね^^(そういうことはやってはダメですが)

もちろんそのコードを受け取るスマートフォンを盗まれてしまってはどうしようもありませんが、そうでなければ通常よりセキュリティはグンと上がるということです。

ただ、毎回そのコードを受け取って入力するのが面倒だなと思われた方、安心してください。

1度認証した端末は以後コードの入力をしなくてもいい設定もできるので、面倒だと感じる方はそのように設定しましょう。

そのあたりの説明はGoogleの「2段階認証プロセス」で紹介されていますので、そちらをご覧ください。

2段階認証を設定しよう

Amazonの2段階認証ですが、Amazonのホームページに設定のやり方が書いてあります。
2段階認証を有効にする

他のどのサイトで2段階認証をやっているかというと、

上記のサイト以外でも対応していたりするので、対応しておくことをオススメします。

プロフィール

柴田篤志

株式会社アントロワの代表の柴田篤志(あつ)。
一宮市を中心に東海地方の中小零細企業のみなさんと連携して、ITの分野で地域を盛り上げます!ホームページ制作、Webシステム開発、Web集客などの悩みを解決。愛知中小企業家同友会一宮地区会員。
好きなこと:コーヒー、カレー、卵料理、お酒、サービス・プログラム開発、バレエ鑑賞、サーフィン・SUP、サッカー観戦、温泉、一宮市。
主にPHP・CakePHP・Laravel・jQueryを使ってWeb制作をしています。

フォロー&友達申請お待ちしてます

Facebook  Twitter  Instagram 
RSS  お問い合わせ

こちらもオススメ