人手不足による影響が大きくなる前に早めに手を打とう

公開日:2017.04.10

クロネコヤマト(ヤマト運輸)が人手不足が深刻化した影響でAmazonの当日配送から撤退する方向にあるというニュースがありました。

人手不足は大手だけの問題ではなく、中小零細企業も同じように問題を抱えています。

人手不足を補うためにどうするかというと、新たな人を雇うかもしれません。もちろん来てくれる人がいる前提です。

また、今いるスタッフが辞めてしまわないように給与を上げるという手段をとるかもしれません。

どちらの場合も人件費の拡大につながっていきます。

それで収まればいいのですが、人件費の増加に伴い利益が減ってはいけませんので、結果として商品やサービスの値上げにつながるかもしれません。

値上げされても買ってくれればいいのですが、購入者が減ってしまうかもしれません。

こういう流れでは良くありませんね。

IT化かアウトソーシング

そういった悪い流れにしないためにも、IT化やアウトソーシングは一つの解決策になります。

人がいないのであれば、少人数でも回せるようにどんどんシステム化していく。

毎日10人が使っているシステムを1分短縮できれば、10人×1分×20日×12ヶ月=2,400分=40時間

たった1分の短縮でも1週間分の短縮になります。もっと短縮していけば少人数でも十分今と同じ作業をすることができそうではないですか。

また、社内でやったほうが安くできることだとしても、それよりももっとやるべきことだったり、社内の人でないとできないことって沢山あると思います。

そういった仕事に注力し、他のことは外部にアウトソーシングしてしまえば、経費は増えますが、売上はきっと増えていくと思います。

ただ、IT化やアウトソーシングは今日からすぐ行うという具合にはいきません。

会社独特の業務であればあるほど、すぐに対応することはできません。様々な準備が必要になってきます。

手遅れになってしまう前に、少しずつでもやっておきたいところですね。

よしやっていこう!と思われたら、こちらよりご相談ください。

プロフィール

柴田篤志

株式会社アントロワの代表の柴田篤志(あつ)。
一宮市を中心に東海地方の中小零細企業のみなさんと連携して、ITの分野で地域を盛り上げます!ホームページ制作、Webシステム開発、Web集客などの悩みを解決。愛知中小企業家同友会一宮地区会員。
好きなこと:コーヒー、カレー、卵料理、お酒、サービス・プログラム開発、バレエ鑑賞、サーフィン・SUP、サッカー観戦、温泉、一宮市。
主にPHP・CakePHP・Laravel・jQueryを使ってWeb制作をしています。

フォロー&友達申請お待ちしてます

Facebook  Twitter  Instagram 
RSS  お問い合わせ

こちらもオススメ