子どものプログラミング教育ってどうなんだろう?タブレットがあるならやってみよう!

公開日:2017.03.01

子どものプログラミング教育の動きが活発になっていますが、あなたのお子さんはどうですか?

別にプログラマになって欲しいわけではないので関心がないという方も多くいると思います。

パソコンやスマートフォン、タブレットをある程度使えるようになっておいた方が今後は良いと思います。

ですが、プログラミングに限定すると、必ずしも大事という訳ではないのですが、プログラミングをする上での考え方を知っておくと、役立つ機会はあると思います。

そういった意味で、お子さんのプログラミング教育に取り組んでもらえると良いかなと思っています。

スクラッチ

プログラミング教育と言われてもよく分かりませんよね。

まずは色々と触ってみるのが一番。

どれがオススメかというと、NHKでも取り上げられた「Scratch(スクラッチ)」。

スクラッチ

実際に見てもらうとわかりますが、色々なことができます。
むしろ、色々出来すぎてはじめての方にはわかりにくいかもしれません。

それにパソコンで動かすものになるので、自宅でお子さんにパソコンはあまり触らせたくないという方もいると思います。

そんな方にオススメなのが、「ScratchJr(スクラッチJr)」。

スクラッチのJr版、つまり簡単版ということです。

簡単というだけでなく、タブレットで動くアプリになっています。

タブレットならお子さんが触ってもOKとなっているのであれば、ぜひこちらを試してみてください。

本格的にやりたくなったら教室へ行こう

スクラッチ(スクラッチJrも同様)はプログラミングと言っても、ゲーム感覚で使えるので、よく分からなくても、慣れてくると色々遊べると思います。

それでもよくわからないとか、もっとやりたいというタイミングでパソコンスクールに行ってみると良いと思います。

一宮市なら、僕も関わっていますが、ピーシースタイルスクールさんで子ども向けプログラミング教室をやっています。

子どもにプログラミングを習わせる前に親の自分がプログラムについて知っておきたいという方にも講座をやりますので、お気軽にお問い合わせください。

プロフィール

柴田篤志

株式会社アントロワの代表の柴田篤志(あつ)。
一宮市を中心に東海地方の中小零細企業のみなさんと連携して、ITの分野で地域を盛り上げます!ホームページ制作、Webシステム開発、Web集客などの悩みを解決。愛知中小企業家同友会一宮地区会員。
好きなこと:コーヒー、カレー、卵料理、お酒、サービス・プログラム開発、バレエ鑑賞、サーフィン・SUP、サッカー観戦、温泉、一宮市。
主にPHP・CakePHP・Laravel・jQueryを使ってWeb制作をしています。

フォロー&友達申請お待ちしてます

Facebook  Twitter  Instagram 
RSS  お問い合わせ

こちらもオススメ