SEO対策

SEO対策は、大きく分けて2種類あります。
自分たちのホームページ内の対策を施す『内部対策』と、自分たちのホームページ以外のサイトでの対策を施す『外部対策』です。

外部対策はその名の通り、外部での対策ですので、出来ることは限られてきます。
一方、内部対策は自分たちのホームページ内での対策ですので、やれることは山のようにあります。

その内部対策では、サイトを訪れてくれる人のために、見やすくて使いやすい、そして満足できる内容を提供することが大切になってきます。

Googleが提供しているSEOガイドライン

SEO対策について様々なサイトで色々な手法が書かれていますが、Googleが提供してくれているガイドラインに従うのが一番正しいアプローチになります。
ガイドラインにどのようなことが書かれているかというと、

  • 適切なページタイトルを付けよう
  • descriptionメタタグを設定しよう
  • URLの構造を改善しよう
  • ナビゲーションをわかりやすくしよう
  • 質の高いコンテンツを提供しよう
  • 適切なアンカーテキストを書こう
  • 画像の利用を最適化しよう
  • 見出しタグを適切に使おう
  • robots.txtを効果的に設定しよう
  • リンクにnofollow属性を活用しよう
  • モバイルサイトをGoogleに知らせよう
  • 携帯ユーザーを適切に誘導しよう
  • 正しい方法でサイトを宣伝しよう
  • 便利なツールを活用しよう

このような内容になっています。

ですがSEOは日々進化していて、1年前に有効だった方法が今は通用しないというのは普通にあります。

通用しないだけならまだ良い方で、最悪の場合、その対応をしていることによって悪影響を及ぼしているというケースもあったりします。

ですので、常に最新のSEO情報を収集し、反映させていく必要があります。

そうなってくると専門家の力を借りないと対応は難しい部分もあります。

ですが、対応できているかのチェックであれば自分たちである程度は可能ですので、ぜひやってみてください。

上記のガイドラインをみてチェックしていってください。チェックして欲しいという方はお気軽にご連絡ください。