LINE BOT開発

スマートフォンを持っているほとんどの方が使っているLINE。
アントロワでは、そのLINE上でユーザーに自動応対してくれるBOT(ボット)の開発を行っています。
Facebookメッセンジャーbotの開発はこちら

従来のホームページでは、利用者の方にお問い合わせフォームから問い合わせをしてもらったり、サイト内で色々と調べてもらったりしますが、面倒だと思ったり、うまく見つけられないという状況になることが少なからずあります。
そういった部分を利用者の方が普段使っているLINEで動くLINE BOTを使って、解消していきましょう。

自動応対のBOTですので、人間が行うような細やかな応対が出来るわけではありませんが、単純なやりとりや、利用者の方に企業やお店との最初のアクションを起こしやすくする一つの方法としてBOTを活用するのはいかがでしょうか。

業種ごとのBOT活用例

美容室

美容室の場合、予約の電話を受けるのに、スタッフ一人が何分も使ってしまうのは勿体無いですよね。
それをBOTでやるとこのようなイメージになります。

BOT:「何月何日のご予約ですか?」
利用者:「2016年4月1日」
BOT:「時間は何時がご希望ですか?」
利用者:「10時」
 :
 :
BOT:「2016年4月1日10時にてご予約承りました。ご来店お待ちしております。」

車検専門店

車検を行ってくれるお店の場合、自分の車が幾らで車検ができるのか知りたい利用者は多くいると思います。
そんな利用者の方に使っていただくBOTです。

BOT:「車種は何ですか?」
利用者:「プリウス」
BOT:「何年式ですか?」
利用者:「2010年」
 :
 :
BOT:「車検の金額は◯◯円になります。」

居酒屋

居酒屋など、商品数が多いお店は何を食べたら良いか迷ってしまいます。
そんな時に、オススメの商品を紹介してくれて、オーダーを受け付けてくれるBOTがあれば便利ですね。

BOT:「何系をご希望ですか?」
利用者:「揚げ物」
BOT:「ポテトフライ盛りが人気ですが、いかがでしょうか?」
利用者:「それを一つ」
 :
 :
BOT:「ポテトフライ盛り1点を承りました。」

宝飾店

誕生日のプレゼントなど、特別な機会にのみ利用する宝飾店では、どういったものを選んで良いのか迷ってしまいます。
そんな悩みを解決してくれるBOTです。

BOT:「どなたへのプレゼントをお探しですか?」
利用者:「彼女」
BOT:「記念日のプレゼントですか?」
利用者:「誕生日」
 :
 :
BOT:「このネックレスはいかがでしょう。http://xxxxxxxxxxx」

地域情報

個々のお店ではなく、商店街や街全体でBOTを利用することもできます。
例えば、この商店街のオススメのお店を教えてくれるBOT。

BOT:「一宮市本町商店街へようこそ!何をお探しですか?」
利用者:「飲食店」
BOT:「今どこにいますか?」
利用者:「(位置情報)」
 :
 :
BOT:「パスタの美味しい◯◯がおすすめです。」

サンプル

実際に動くサンプルをご用意しました。

一宮市で毎年行われる杜の宮市の出展ブースを教えてくれるBOTです。
『アクセサリー』や『カレー』など、気になるキーワードでBOTに話しかけると、そのキーワードに該当するおすすめのブースを教えてくれます。

詳しくはこちらをご覧ください。

LINE BOT開発に関するお問い合わせ

2016年5月時点ではLINE BOT APIがまだトライアル版で、正式に稼働しておりませんので、すぐの対応はできませんが、正式版がリリースされるまでの間に、まずはご相談ください。