ECサイト(ネットショップ)制作

ECサイト(ネットショップ)を始めるにあたり、色々な方法があるのをご存知ですか?

大きく分けると、ショッピングモールと独自ショップの2種類があります。
ショッピングモールは、Yahoo!ショッピングや楽天市場のような複数のショップが集まった集合体です。
独自ショップは単独のお店になります。

ショッピングモールはイオンなどを思い浮かべてもらうと分かりやすいですが、様々なお店が集まっているので、商品の種類が豊富で、集客力も抜群です。
ただし、ショッピングモールに出店すれば必ず売れるかというと、そうでもなく、お店の数が多すぎるので、その中で目立つ必要があります。

目立たせるといっても、サイトの作り方はある程度固定になっているので、見た目的にはあまり他のお店と差別化することはできません。
ネットの場合、価格の比較が容易にできるので、価格を下げることで目立たせるという価格競争になってしまいます。

そういった意味でも、ECサイト(ネットショップ)を始めるのであれば、独自ショップを立ち上げた方が、サイトの作りを自由に出来たり、価格競争になりにくい状況が作れます。

もちろん独自ショップは良いことばかりではなく、デメリットもあります。
例えば、サイトを作っても最初は誰も見に来てくれません。
それに、見に来てくれても、「会員登録が面倒だな」「聞いたことがないお店だな」と言って、購入をためらわれる場合があります。

それでも様々な工夫をすることで、そのあたりは乗り切ることが出来ますので、これからECサイト(ネットショップ)を始める方は、独自ショップを制作するようにしてください。

独自ショップの中でも幾つか種類がありますので、それを紹介していきます。

BASEやSTORES.jpを利用する

一番簡単な方法がBASESTORES.jpといったネットショップ作成サービスを利用する方法です。

これらのサービスは多種多様なテンプレートから好きなデザインを選び、そこに情報をあてはめていくだけで、簡単にネットショップを制作することができます。
基本利用料は無料で、クレジットカードの決済等で費用が発生する程度です。

基本的なECサイト(ネットショップ)を運営するのであれば、これで十分ですが、特殊な見せ方をしたい場合や、今あるホームページと連動させたい場合などをさせるにはこれらのサービスでは難しい部分になります。

WordPressのホームページに組み込む

今持っているお店のホームページがWordPressで作られている場合、そこにECサイトの機能を盛り込むことができます。

見た目としてもホームページと同じデザインで作ることができるので、ホームページを見に来てくれた方を違和感なくネットショップの方へ誘導することが可能です。

やり方としては、WelcartなどのWordPressのプラグインを導入するのですが、WordPressの知識はもちろんのこと、PHPやCSSといった知識がないと導入は難しいところです。

ECサイト(ネットショップ)のパッケージを利用する

EC-CUBEなどのECサイト(ネットショップ)に特化したパッケージを利用することで、見た目や機能的にかなり自由度の高いものが制作できます。

ただし、こちらも先ほどのWordPressに組み込む方法と同様で、PHPなどのプログラム知識が必須となります。

ECサイト(ネットショップ)を始める際の注意点

ECサイトを始める方法を幾つか紹介しましたが、どの方法にも共通して言えることは、ECサイト(ネットショップ)を制作しただけでは売れません。

売れるECサイト(ネットショップ)にするためにはSEO対策等での集客やマーケティングは必須です。

アントロワでは、ECサイト制作はもちろんのこと、既存のECサイトの集客のお手伝いもやっています。

ECサイトに関するご相談はこちらからお問い合わせください。