経営者こそSNSでの発信をやったほうがいい

公開日:2017.02.02

経営者のみなさん、ソーシャルメディア・SNSで発信していますか?

僕自身は昨年の7月から毎日黒板に何かを書いて発信したり、今年に入ってからは毎日ブログを書いています。

毎日書くことが偉いとかそういうことではなく、経営者の方がソーシャルメディアで発信することがいいことですよという話です。

経営者がソーシャルメディアを使うメリット

認知度が上がる

うちのように小さな会社ははっきり言って知名度がないです。
そんな小さな会社でも、コツコツとソーシャルメディアで発信していると、案外お声がかかるものです。

もちろん発信の仕方は大事で、売り込みばかりではなく、見てくれる人の役に立つものだったり、楽しいものだったり、自分自身を知ってもらうために顔写真を入れたりなどをしていると、ほとんど直接話をしたことがない人でも、昔から知っているような感覚にさえなることがあります。

そういった積み重ねの結果、ふとした時に声をかけていただけるという訳です。

もちろん社員が発信してくれれば、それはそれで非常に嬉しいことですが、外部の人からすると、やはり経営者の顔が全く見えない会社よりも見えたほうがより信頼できるというものです。

社員にも想いが伝わる

社員の数が多くなればなるほど、一人一人の社員と接する時間はなくなります。
そうなってくると、経営者の想いを伝えられる機会がかなり少なくなってしまいます。

その結果どうなるかというと、会社への想いが薄れてしまい、最悪の場合、退職ということになってしまうかもしれません。

そうならないためにも経営者の想いを社員の方に伝え続けなければいけませんが、朝礼などでは時間が足らないでしょう。

こういった場面でもソーシャルメディアが有効になってくる訳です。
ブログやSNSを活用して、経営者の想いを常に発信していれば、もちろん見ない人もいますが、何もしないよりは届きやすくなります。

やらなくてもいい、でもやるときっといい

経営者自身がソーシャルメディアで発信するヒマがあったら、もっと本業をやったほうがいいと思われるかもしれません。

暇つぶしでやっているのであればそうかもしれませんが、つながっている人、もしくは今後つながる人との関係性を深めるためであれば決して無駄なことではありませんし、むしろ経営者がやるべきことだと思います。

即効性はありませんが、コツコツと続けていれば、ソーシャルメディアを通じてきっといいことが起こります。

なので、僕は今日も発信を続けます。

プロフィール

柴田篤志

株式会社アントロワの代表の柴田篤志(あつ)。
一宮市を中心に東海地方の中小零細企業のみなさんと連携して、ITの分野で地域を盛り上げます!ホームページ制作、Webシステム開発、Web集客などの悩みを解決。愛知中小企業家同友会一宮地区会員。
好きなこと:コーヒー、カレー、卵料理、お酒、サービス・プログラム開発、バレエ鑑賞、サーフィン・SUP、サッカー観戦、温泉、一宮市。
主にPHP・CakePHP・Laravel・jQueryを使ってWeb制作をしています。

フォロー&友達申請お待ちしてます

Facebook  Twitter  Instagram 
RSS  お問い合わせ

こちらもオススメ