小規模事業者持続化補助金を活用して業務システム開発を行います

小規模事業者持続化補助金とは、「商工会議所・商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出る」というものです。

販路開拓等になることであれば、ホームページ制作・リニューアル、業務システムの開発などにも利用することができます。

補助金を受けるにあたり、幾つかポイントがあるので、ご紹介していきます。
詳しくはホームページに書かれていますので、そちらをご覧ください。

小規模事業者持続化補助金の目的

まずはこの事業の目的を理解しなければいけません。

本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓等 の取り組み(例: 新たな市場への参入に向けた 売り方の 工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)や、 地道な販路開拓等とあわせて行う業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

「販路開拓」という部分と、先ほどの「商工会議所・商工会の助言等を受けて」という所が大切になってきます。

小規模事業者持続化補助金の対象者

この補助金の対象者はその名の通り、小規模事業者が対象となっています。
小規模事業者の定義としては、以下の通りとなります。

業種 常時使用する従業員数
卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く) 5人以下
製造業その他の業種 20人以下

企業だけではなく、個人事業主も対象となっています。

2016年の日程

募集期間 2016年11月4日〜2017年1月27日

お見積りはお気軽に

アントロワでは小規模事業者持続化補助金に合わせた特別プランをご用意しております。

ホームページ制作・リニューアル、業務システムの開発をお考えの企業・個人事業主の方はお気軽にご相談ください。